Nihyaku

マイクロペットたちと、のほほん生活。

一気にクレーンゲーム機紹介!

200hukurouです! 

最近ブログを書いていなかったので、久しぶりに書こうと思いました。

f:id:ytjhbmfdhjjsm:20140531220704p:plain

 ここまで、SEGAのUFOEXとNEWUFO、TOWAのWAKU²ILAND、TAITOのCAPRICCIOを紹介しましたが、このまま一つ一つ書いて行ってもなかなか長くなりそうなので、まとめて紹介しようと思います。。

今回はSEGAUFO CATCHERシリーズを紹介します。

なお、「UFO CATCHER」に限らず、「UFO」の付く名前の物も紹介します。

f:id:ytjhbmfdhjjsm:20140717213208j:plain

UFO CATCHER

1985年製。シリーズ初代機です。初期製造分はアーム伸縮用パイプの強度が弱く、使用している間にパイプが曲がり、伸縮不可能になる不具合が起きたため、部品や強度が増したパイプと交換する対処が取られた。

待機時に流れるBGMは、イングランドの民謡、「グリーンスリーブス」、ポリスの「EVERY BREATH YOU TAKE」(見つめていたい)が流れる。

また、アーム降下→定位置移動までの間に、

同社のゲーム「フリッキー」の名前入れBGMが流れる。

 

f:id:ytjhbmfdhjjsm:20140717214024j:plainf:id:ytjhbmfdhjjsm:20140504125529j:plain

左がUFO CATCHER DX、右がUFO CATCHER DXⅡ。

 

DXは1987年製。初代機の外装を変更したマイナーチェンジ機。

DXⅡは景品取り出し口の形状が構造が改良されたよう。

また、ストロボライトを取り付けて「DXⅡ」の文字を点滅させることも可能です。

BGMは初期は初代UFOのBGMと同じであったが、

アーム降下中に電源が切られるとアームが降りたまま定位置に戻そうとする

バグがあったため、対策ROMが配布され、

待機時のBGMがTV「ちびまるこちゃん」のOP、ED曲の

「ゆめいっぱい」「おどるポンポコリン」へ変更された。

↓BGMです。


UFOCATCHER DXⅡ 待機時BGM (ROM交換前


UFOCATCHER DXⅡ 待機時BGM ROM交換後

 

f:id:ytjhbmfdhjjsm:20140517124731j:plain

 

NEW UFO CATCHER

1991年製のシリーズ4代目です。

DXⅡ等の上下が分離したような構造と異なり、今度は大幅にモデルチェンジされ、一つの箱型になりました。

今でも屋上遊園地のゲームコーナーや古いゲームコーナーなどでも見ることができるほどロングランな機種です。

また、景品取り出し口がコンパネの下へと移り、アームの後方にぶら下がっていた錘がなくなりました。

これにより、アームの伸縮はワイヤーをモーターで巻き取る方式に変更。

 

f:id:ytjhbmfdhjjsm:20140504125309j:plain f:id:ytjhbmfdhjjsm:20140517124849j:plain

UFODXⅡとNEWUFOのアームの比較。UFODXⅡは後ろに錘があるのがわかる。(アームの下に写っている黒いものです)

 

また、景品が置かれるところがコンパネとほぼ同じ位置まで下がりました。

待機時のBGMは、初期ROMタイプはちびまる子ちゃんの曲「夢いっぱい」&「おどるポンポコリン」が使用されていました。

しかし、外装をソニックに変更した後は、大半で使用されているソニックのBGMのROM、「star right zone」「scrap brain zone」「mable zone」を使用、

その他、ROM交換によりクラシックのBGMが流れる物や、クリスマスのBGM「クリスマス・イブ」「ラスト・クリスマス」「ジングルベル」を流れているものもあります。

また、この機種は、アメフトの「TeamNFL」とコラボした「NFLバージョン」も存在します。sigmaとの共同制作(?)されたようです。

NFLバージョンは、色々なチームのヘルメットがえがかれており、BGMもオリジナルの物です。

↓BGMです。


NEW UFOCATCHER 待機時BGM(ソニック)

←録り直し版
[SEGA] NEW UFO CATCHER 待機時BGM (ソニック) - YouTube


NEW UFOCATCHER 待機時BGM (クラシック)

 

f:id:ytjhbmfdhjjsm:20131220170249j:plain

UFO CATCHER EXCELLENT

1994年製のシリーズ五代目です。

カプセル系の景品やぬいぐるみ、小物などいろいろな景品に対応できるようになりました。

初期設定ではアームにプラスチック製の爪が装着されていますが、

折れやすいため、今後の機種では一切使われなくなり、シリーズで唯一となっています。

UFOが擬人化されていて、緑/赤のLEDで目を、7セグLEDで口を表現され、表情が変わるようになっています。7セグLEDは、口だけでなく残りプレイ数やエラー時のエラーコードなどの表示にも使われています。

景品獲得成功時や失敗時に喋ったり、しばらく誰もプレイしていないと居眠りしてしまったり…などの演出があり、実にユーモアがある機種です。

NEWUFOでは景品獲得センサー(光センサー)が景品シュート内にあり、

景品がシュートを通過すれば獲得音が鳴る構造でしたが、

EXの場合はアームの下部にあり、キャッチしないと反応しないようになっているようです。そのため、ぬいぐるみなどをタグがけでGETした場合は獲得音が鳴らなくなります。EXの景品獲得センサーは超音波センサーを使用しているようです。

f:id:ytjhbmfdhjjsm:20131220170312j:plainf:id:ytjhbmfdhjjsm:20131220134133j:plainf:id:ytjhbmfdhjjsm:20121205173400j:plain

※左から、通常時、エラー時、LED部の拡大。

BGMは、通常のオリジナルBGMのA、Bに加え、

NEWUFOと同じクリスマスのBGM(この機種は サンタが町にやってくる も流れます)を流すことも可能です。

↓BGMです。


UFOCATCHER EXCELLENT 待機時BGM A

 

 

f:id:ytjhbmfdhjjsm:20130414104419j:plain

 UFO CATCHER 21

1996年登場の6代目UFOキャッチャーです。

EXやNEWと違い、アームの初期位置が寄り添ったタイプから離れたタイプに戻りました。とともに景品取り出し口は筐体の角に位置していて、デザイン性が良いです。

この機種はUFOキャッチャーでも唯一の、アームに「ポインター」があり、

赤い光を発して狙いやすくなるという機能があります。

BGMはオリジナルBGMのA、Bに加え、EXと同じクリスマスのBGMを使用することが可能。21の場合、少しテンポが遅い感じがあります。

EXよりも口数は減りましたが、この機種も喋ります。

1プレイヤー側で、アームを動かし始めると「いきまーす!」などと…

この機種もEXと同様にアームに景品獲得センサーがありますが、超音波センサーではなく、光センサーを使用しているようです。

そのため、光を反射しない景品では意味がありませんが、かなりの確率で景品獲得失敗音/成功音を聞くことができます。(反応しなかった場合は鳴りません)

 ↓BGMです。


UFOCATCHER 21 待機時BGM A

 

 

f:id:ytjhbmfdhjjsm:20140412110256j:plain

 UFO CATCHER 800

1998年登場の大型景品対応機種です。

景品の最大上限価格が800円に改正された時に登場しました。

大きさは大体、前作までの2プレイヤー機種の大きさを、1つのアームで操作するような感じです。

大型景品への対応という事もあって、ビッグアームを装着すると開く幅は約30センチに!

小アームも付属しているので、今までの景品をGETすることも可能なようです。

この機種になってから、まったく喋らなくなりました。操作音が、後に登場するUFO8

とほぼ同じです。

BGMは、オリジナルBGMのA、Bに加え、クリスマスのBGMがあります。

この機種の場合、前作と曲が変わり、「サンタが町にやってくる」と、もう一曲違う曲が流れます。(曲名が何か忘れてしまいました…)

ビルボードには二種類のデザインがあり、ふんわりしたイメージ(?)のデザインと、

ピンクとイエローの文字が入った物があります。

↓BGMです。


UFOCATCHER 800 クリスマス待機時BGM


UFOCATCHER 800 待機時BGM B&操作音 ※途中切


[SEGA] UFO CATCHER 800 待機時BGM A - YouTube

 

 

f:id:ytjhbmfdhjjsm:20050727140827j:plain

UFO CATCHER 7

2001年登場のシリーズ7代目です。(UFO800は除外)

この機種はほとんどの方が見たことがあると思います。

これ以降の機種から、設定部によるアームの握力調節ができるようになりました。

UFO7の場合は、ボリュームにより調整するパターンで、

従来通り、バネのみでの握力調整も可能なようです。

さらにこの機種から「第3のボタン」が出現し、クレーン降下停止用や

1プレイキャンセル用ボタンなどとして使用できるようになりました。

なお、第3のボタンはデフォルトでは設置しておらず、後付けするようです。

今までのピンク系のカラーから離れ、全体がグレーのカラーとなり、

ビルボードの色は写真のパープル系の他にもブルー、茶色(イエロー?)もあります。

 BGMはオリジナルBGMの2曲に加え、操作時のBGMが使用できます。

またクリスマスBGMも使用できます。(ジングル・ベル、サンタが町にやってくる)

↓BGMです。


UFOCATCHER 7 ・7second 待機時BGM


UFOCATCHER 7 クリスマス待機時BGM

 

f:id:ytjhbmfdhjjsm:20140503110917j:plain

UFOCATCHER 7 Max Edition

2003年登場の大型景品対応機種です。

いわゆるUFO800×UFO7というような感じですが、

第3のボタンはもちろん、UFO800にはない機能を3つ持っています。

1.景品取り出し口にロック機構&シューターにシャッター

UFO800でゲットできないほど大きい景品にも対応しているので、

それほど取り出し口の穴は大きくなるのです。

そうなると、人が筐体内に入ってしまう可能性もあります。

そうならないように、プレイ時には取り出し口の扉がロックされ、シューターのシャッターが開く。

プレイ終了後はシャッターが閉まり、扉を開けるには横にあるボタンを押してロックを解除すると開けるようになっているのです。

2.アームメカが巨大

すごく大きいアームメカは、プレイする人にインパクトを与えるんだそうな。

3.景品取り出し口の中にクッションパッド

景品を落下した衝撃から守るクッションパッドが通常装備されました。

BGMはオリジナルBGM5曲に加え、クリスマスBGMが使用可能。(UFO7と同様)

↓BGMです。

UFOCATCHER 7 MAXedition

 

リンクに出てこないので3曲が貼り付けられません!(>_<)

 

 

 

f:id:ytjhbmfdhjjsm:20140125205152j:plain

UFO CATCHER 7 Second

2004年発売のUFO CATCHER 7のマイナーチェンジ機種です。

全体的にも明るい配色になり、眩しいほどです。

7との違いは、スピーカーの音質、景品取り出し口のクッションパッドを標準装備、

などですが、基本的な仕様は標準型のUFO7と変わりません。

基本のBGMは標準型のUFO7と同じですが、Maxの後に登場したからか、

UFO7MaxのBGMのうち2曲を流すことも可能なようです。

↓BGM (Maxと同じBGM)


[SEGA] UFO CATCHER 7 Second 待機時BGM B&操作 ...

 

f:id:ytjhbmfdhjjsm:20141019163124j:plain

UFO CATCHER 8

2008年に登場したUFOキャッチャー。

待機時のアームの位置が高い位置になった事で、景品を今まで以上に陳列できたり、

大型の景品に対応できるようになりました。

BGMはたくさんあり、ノーマル以外にもボーカル曲やクリスマス、UFO音頭など。

 ↓BGM


[SEGA] UFO CATCHER 8 待機時BGM B - YouTube

UFO CATCHER 8 Second

2011年に登場した、8のバージョンアップ版です。8との違いは、

アームの移動速度が少し速くなった事、蛍光灯からLED照明になった事です。

f:id:ytjhbmfdhjjsm:20150102141216j:plain

UFO CATCHER DOUBLE

2010年に登場した、アームユニットが2つあるマシンです。

赤いアームを操作した後に緑のアームを操作するため、二人で遊ぶことも可能!

赤いアームが左移動すると、緑のアームの横移動は干渉されます。

(要するに、赤が止まったところが緑の左移動の限界と言うことです)

また、アームは90°回転させて、縦向きに使用することも可能です。

f:id:ytjhbmfdhjjsm:20140418125950j:plain

UFO BALANCE CATCHER

2010年に登場した、史上初の体感型クレーンゲーム機です。

手前のコントローラーに乗り、体を前後左右に倒して操作します。

また、制限時間内であれば、自由にアームを動かす事ができます。

アームが降下している時にコントローラーを左右にガタガタ踏むと、

カウントダウンが一定時間止まる「コマンド入力」も搭載。

 

大型・小型・円形タイプ

ここからは、2人以上の同時プレイができるマシン、小型のマシンを紹介します。

f:id:ytjhbmfdhjjsm:20140228153814j:plain

Dream Catcher

1989年に登場した、円形のクレーンゲーム機。

年代上はUFODXなどと同じ時期の物ですが、アームの構造や

景品の置かれる高さなどは後に登場したNEWUFOと同じになっています。

BGMはの浅香唯さんの「セシル」・ワム!の「ラスト・クリスマス

ジョー・ガーランドさんの「イン・ザ・ムード」、あまり知られていませんが、

この機種もちびまる子ちゃんの曲、「夢いっぱい」と「おどるポンポコリン」が流せるようです。

現在はなかなか見れなくなりましたが、半分に分割して稼働させることも可能です。

f:id:ytjhbmfdhjjsm:20140725112313j:plain

Dream Catcher RE・DRESS

1998年に登場した。直方体型のマシン。

ドリームキャッチャーは円形のアーム移動でしたが、

この機種のアーム移動は一直線上に動きます。

一つのフィールドの大きさは後に紹介する「UFO CATCHER mini」

と同じくらいのスペースです。

アームの形状や基本のカラーリングは同時期に登場したUFO800と同じで、

待機時BGM・操作音なども全く同一です。

こちらもあまり知られていませんが、コンパネ左右の白いコーナー(?)部は、

電球さえ入れれば光らせることもできます。

f:id:ytjhbmfdhjjsm:20150102150551j:plain

UFO DREAM CATCHER

2008年に登場した、「Dream Catcher」の復活版とも言える機種です。

UFO8の要素とDream.Cの円形を足した感じですが、

そのDream Catcherでできた「半分分割」はできなくなったようです。

効果音・待機時BGMはUFO8と全く同じです。

 

ここからは編集中です。閲覧ありがとうございます。